ソーラータウン青葉

solarvaoba.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

本日の木造ドミノモデルハウス



木造ドミノモデルハウスの進行状況です。


c0178231_2171542.jpg

2階外壁にはグリーンのガルバリウム鋼板が張られ、1階外壁には下地材が張られています。建物の外壁の色に緑を使うことはあまりないかもしれませんが、落ち着いた、ちょっとした暖かみの感じられる色でとても良いなぁと思っています。みなさんはどうでしょうか?

c0178231_2043572.jpg

ガルバリウム鋼板をより近くで。
小波板という形状を使用しています。

c0178231_20453478.jpg

内部では床の養生も終わり、間仕切り壁をつくっています。
構造の木に対して、間仕切りはLGSという軽量の鋼材を使用しています。
軽く、施工も容易であるという特徴があります。


c0178231_20502853.jpg本日2回目の中村のレポートでした。


[PR]
by solarvillage-aoba | 2008-10-29 20:54 | 木造ドミノモデル工事中

i-worksモデルハウスの外壁が仕上がりました。



i-worksモデルハウスの外壁板金工事が完了し、足場が外されました。
足場が外され、外観がはっきりと見えてくると、いよいよ完成間近という感じがしてきます。
楽しみです。


c0178231_19494372.jpg

西側正面。
外壁、屋根ともにグレーのガルバリウム鋼板の仕上げに、木製建具がアクセントになっています。

c0178231_19593196.jpg

東側背面。
均一な外壁の仕上げですが、凹凸のある建物の形がいろいろな表情を見せてくれます。

c0178231_2042987.jpg

2階リビング。
木製建具の付いた大きな開口部がとても開放感のある場所をつくっています。

c0178231_20121498.jpg

2階バルコニー。
天気の良い日はテーブルと椅子を出してくつろぎたくなるような大きなバルコニーと
そこから見える街路樹の緑。外だけど家の中にいるような素敵な場所になっています。


c0178231_20202922.jpg
本日は中村のレポートでした。


[PR]
by solarvillage-aoba | 2008-10-29 20:24 | i-worksモデル工事中

近所のうどん屋さん

c0178231_12201759.jpg
ソーラータウン青葉町より歩いて10分程のところにあるうどん屋さん。
志村けんをはじめ、所ジョージとも縁があるという
芸能界の有名どころが食べていたお店です。

c0178231_12274787.jpg
1歳を過ぎた娘は、ベビーカーで寝てしまいそのままお店の中に入れさせてもらい、3歳の息子と二人で特盛りを注文。

c0178231_12295487.jpg
うどん大好きな息子に全部食べられてしまうかと思ったぐらいです。子供用にスープも下さいました。てんぷらがサクサクとカラッと揚がっていましたが、鍋も火力も家庭を同じようですが、油が家庭用と違うとのこと。こだわりはうどんだけではなかった。

c0178231_12302467.jpg
お店の方が竹の棒を使ってうどんを伸ばしていました。結構な労力とのことで、おばさまの丹精込めて作られたうどんだから格別においしいのですね。写真は、伸ばし終えたところです。


よし
東京都東村山市久米川町1-32-4
TEL:042-394-9812

c0178231_12371846.jpg青葉町で生まれ育った相羽が、近所をご紹介していきます。
[PR]
by solarvillage-aoba | 2008-10-29 12:32 | 青葉町Life

2階床材貼り終わります

c0178231_19362220.jpg
木造ドミノの床材は、「杉」です。
独特の香りと肌触りが素敵です。
床材として杉材は柔らかい故に傷がつきやすいのが欠点とも思われますが、
この柔らかさは足・腰の負担を軽減し、怪我を予防するため、
古くは剣道場等で用いられたりと、欠点をそれ以上にカバーできる
長所へともつながります。
また、長い間の中で付いた傷も、愛着として受けとめて頂けると
”味わい”がさらに増していくことでしょう。
しっとり落ち着いた色合いを醸しだす、杉独特の質感は、保湿性・保温性に
優れていて、触れた際にさらっとし冷たさを感じさせません。
柔らかさと暖かみが触れる人すべてに優しい天然素材です。

i-worksモデルハウスのパイン材と見比べてみてください。

c0178231_1942418.jpg
階段の下り口まで床材を張り終わりましたが、最後の納まりのところがたいへん。

c0178231_19441996.jpg
c0178231_19493711.jpg
何度もカンナで削り、はめ込んでは調整し最後は、あて木をして玄翁で打ち付けていきます。

c0178231_1954315.jpg

きれいに納まりました。
山本大工が仕上げました。

c0178231_8495838.jpg営業部 相羽照美がお伝えしました。 構造見楽会お申し込みお待ちしております。
[PR]
by solarvillage-aoba | 2008-10-26 19:45 | 木造ドミノモデル工事中

土台敷き

10月16日 工事日
c0178231_19213881.jpg
基礎工事が終わり、建て方の前日に土台を敷きます。
フローリング材の下は、27ミリの厚い構造用合板を張ります。
c0178231_19241128.jpg
お風呂が設置される場所は、床も抜いてあります。
床下が真っ黒なのは、ヘルスコ・キュアー
という墨を液状化したものを床下に塗って、白アリ被害を防いでいます。
周りの水色部分は、床下に蓄えられた熱が逃げないように断熱材が外周部に施されます。

11月2日(日)構造見学会 
減震システムやヘスルコ・キュアー、OMソーラー、断熱材などなど
壁が仕上がると見えなくなってしまう部分を
ご自身の目で確かめてください。

c0178231_8511413.jpg営業部 相羽照美がお伝えしました。 構造見楽会お申し込みお待ちしております。
[PR]
by solarvillage-aoba | 2008-10-26 19:31 | 木造ドミノモデル工事中

ソーラーヴィッレジ青葉町にて地鎮祭を行いました。


青葉町で第1棟目の木造ドミノが始まります。
2月末の引き渡しを目指しての着工です。
無事に秋晴れの良き日に地鎮祭を行いました。
c0178231_18494234.jpg





c0178231_18545729.jpgいよいよ、5号棟にて着工前の地鎮祭を行いました。しっかり神主さんに土地を清めてもらい、工事の安全を祈願しました。
非常に空気が澄んでいるので、空が高く見えます。
相羽建設では、工事が始まる前の恒例の行事として、分譲でも行うケースがほとんどです。
参加すると皆様身が引き締まる思いで行っています。







c0178231_1922865.jpg今回、担当したのは営業部の新藤でした。
今後ともよろしく、お願いします。
[PR]
by solarvillage-aoba | 2008-10-19 19:35 | No.5木造ドミノ

上棟しましたっ!!

お昼には棟が上がっていました。上棟です。
これどこの写真だか分かりますか?
c0178231_1517882.jpg


ちょっと斜めから見るとよく分かりますよね。まさに屋根のてっぺんに当たるのでこんな形をしています。これが棟木(むなぎ)です。
c0178231_15175993.jpg

いいお天気でよかったです。
週末もお天気は良さそうですね。お出かけには気持ちいい季節です。
工事中もご案内出来ますので声をかけてください。。。
c0178231_15193040.jpg


c0178231_15223254.jpgまたまた遠藤でした。。。
工事現場を見てみたい方はぜひ、声をかけてください。
木の香りがいっぱいです。
[PR]
by solarvillage-aoba | 2008-10-17 15:21 | 木造ドミノモデル工事中

本日、建て方工事中!!

ソーラーヴィレッジに建つ木造ドミノモデルハウス、本日上棟します。現在工事中。。。
大工さんが5人で作業にあたっています。
c0178231_11503388.jpg


すっごく手際がいいのでもうすぐ棟が上がりそうです(AM11:30現在)。
c0178231_11512916.jpg


c0178231_11524481.jpg上棟した姿も後で紹介します。
遠藤でした。。。
[PR]
by solarvillage-aoba | 2008-10-17 11:52 | 木造ドミノモデル工事中

構造見楽会を開催します。

現在工事中の2棟のモデルハウスをお見せする『構造見楽会』を開催します。(チラシをクリックすると大きくなります)
家づくりにおいて構造のことを気にしない方はいないと思います。でもちょっと難しいし、わかりにくいし、どうしよう?という方が多いはずです。
一度に全部分かろうするととっても大変です。だから少しずつ、見学しながら理解を深めていくことをおススメします。。。
c0178231_192988.jpg


お見せするのは、
①産地の分かる国産材…国産ムク材の芯持ち材が腐りにくい理由をお見せします。
②OMソーラーを知って、見て、体感…工事過程だとわかりやすい所をお見せします。

c0178231_19451293.jpg『お申込みをお待ちしていますっ!!』
遠藤でした。。。
[PR]
by solarvillage-aoba | 2008-10-10 19:59 | イベント

減震工事

木造ドミノモデルハウスには新しい地震対策を試みています。
ビイック『地盤減震システム』です。
簡単に言うと基礎の下に滑り抵抗の少ないシートを敷き込んで地震の揺れを減衰させる仕組みです。どんな工事なのか?ご紹介します。。。
c0178231_1956138.jpgc0178231_19564238.jpg

c0178231_19595387.jpg最初の状態です。
通常捨てコンクリートを薄く打ちますがここでは厚さ100ミリで打設されます。
この上に地震力を低減させる減震材を施工していきます。

c0178231_202437.jpg基礎外周部にポリエチレンフィルムを敷きます。これは後に敷くすべり材シートに水が入っていかないようガードするためのものです。
今日は風がなく工事はしやすかったですが強風時は辛そうです。

c0178231_2042768.jpg全面に黒いゴムのシート『防水シートを』敷き詰めます。ロール状になっているものをカットしていきながら敷きます。

c0178231_2062598.jpg次に『すべり材シート』を敷いていきます。
これがこの仕組みのミソです。とってもつるつるしている特殊なシートでこれが地震時に滑って力を受け流します。
よく滑るのでこれを敷く作業はちょっと大変です。みんな油断するとツルっと滑ってしまいます。

c0178231_2063821.jpg今回、初めての施工ということもありスタッフ総出で勉強しながら作業に当たりました。
工事部、設計部、大勢のスタッフでワイワイガヤガヤ、たまにはこういうのも楽しいですね。

c0178231_20105272.jpgよく滑るすべり材シートを全面に敷いたらもう1枚全面に重ねて敷いていきます。
が、ここはもっと大変!!ただでさえ滑るシートにもう1枚重ねたら…、想像はつきますよね。。。ツルっツルです。転ばないように、シートがぐしゃっとならないように抜き足・差し足・忍び足、って感じです。

c0178231_2011577.jpgおおむね全面に2枚目が敷き詰められました。シートの合わせ面は特殊なテープとガムテープで張り合わせます。シート同士が接する面のテープは表面がツルツルの特殊テープです。

c0178231_20162288.jpgすべり材シートが敷き終わると最後に少し厚手の『保護ゴムマット』を敷き込みます。
この上に基礎工事が施工されていきます。

c0178231_20163379.jpgここもみんなで材料をリレーで運び敷き詰めていきます。ちょっと重いシートですが女性スタッフもお手伝い。

c0178231_20164527.jpg建物の外周部付近はシートのつなぎ目をコーキングします。外からの水の浸入を防ぎます。

c0178231_2017095.jpgその上でシートのつなぎ目をテープで貼り合わせます。
みんなで一斉に作業に当たります。
見学者の方も含めると一時は30人くらいの人が集まりました。周囲の方も不思議そうに見ていました。。。

c0178231_20171290.jpg最後にもう一度ポリエチレンシートを敷き詰めて作業終了っ!!
2時くらいから始めた作業は5時半ころまでかかりました。
少し慣れが必要ですね。特によ~く滑るシートは作業にコツがいるようです。

工事費などは建物の設計により変わってきます。興味のある方は声をかけてください。。。

c0178231_20283826.jpg地震対策はとっても気になるところです。
耐震、免震、制震、そして減震。どれがいいのかはわかりません。
内容を理解して自分にあった考え方を採用することが大切です。
そこを選択するために、いろいろご質問してほしいと思います。
遠藤でした。。。
[PR]
by solarvillage-aoba | 2008-10-06 20:27 | 木造ドミノモデル工事中